噂のシードウェラー126600が入荷しました。

セコンドの氏原が更新します。


前回更新のシードウェラー4000に続きまして、、、。

2017年発表の新作シードウェラーの 126600 が入荷しました。

まだまだ流通量が少ない個体の一つです。

現物見たことない!ってかたも多いと思います。(更新日現時点では、店頭でご覧いただけますよ)

現に、更新している私も初めて拝見した次第です。

貴重な入荷ですので取り急ぎご紹介いたします。

1967年から歴史を持つシードウェラーです。

50周年のタイミングでモデルチェンジ・新作として発表されています。

防水機能1220Mのスペックはそのままに、、、。

ケースサイズは43mm、ガラスにはサイクロップレンズ付きといった仕様です。

機能・サイズともに、、、。

サブマリーナとディープシーの中間的なポジションを担う時計といった感じでしょうか、、。

他ブランドも含めた感覚では、より現代的なサイズになったように感じます。

文字盤のシードウェラーの文字が赤くプリントされた、通称(赤シード)

ダイバータイプで赤い差し色でピンと来た時計が私の腕もとに、、、。

SINN、、、全然違った、、、比較対象を間違えました。




製造中止となった、シードウェラー4000(旧型・116600・右)を横並びにしてみました。

旧型のケースサイズは40mmです。

時計にとっての1mmという数値は大きいですね。

更に新型(126600)はベゼルが幅広く、ワイルドな印象が強まったように感じます。

また、ベルトの幅も新型は22mm、旧型は20mmとボリューム感が明らかに違います。

何気に撮影した画像ですが、けっこう貴重な比較画像な気がします。

しかも、両者未使用品ですよ。

43mmのカレンダーレンズ付きか、40mmのカレンダーレンズ無しか、、、。

今なら、選べます。

現在の126600のお値付けは、1,500,000円+税です。

是非、店頭で現物をご覧いただきたく、、。

是非、ご来店くださいませ。


セコンド時計店 氏原


セコンド時計店B1Fの時計レポート

時計レポートを綴ります。