ジン 103.B.SA.AUTO.Eをレポート

美里町にある日本一の石段をご存知ですか?

延々と続く石段は3333段、片道2㎞・標高差600ⅿの道のりです。

この前の休日は、登山の計画がまとまらなかったので、石段を登ることにしました。

地元ならではの、突貫計画です。

自宅から車で10分、登り口に取り付けば、、、。

勢いよく軽快に、スタスタと、、1000段頃に失速

後はひーひー言いながらゾンビのように登って行きます。


ひーひーの最速ゾンビ状態で1500段手前に差し掛かったころです、、、。

後方から、人的存在感、、黄色い声?、、若い女の子、、達、、会話が聞こえてきます。

これは負けてられないと、意気込みますが、、、既にゾンビ状態

後方からの距離は詰められ、、、2500段くらいの頃追い抜かれました。

20代くらいの現代的な女の子、、、二人組

楽しそうに話しながら、軽快に登って行く、、、参りました。


さて、内容はガラッと変わりまして本題へ移ります。


見やすい、扱いやすいなどの人的な要素

防水性などの外部的な環境に纏わる要素

中に組み込まれる機械の持ち味・特性的な要素

それぞれを組み合わせ、機能とし、遺憾なく発揮した時計

ジン 103.B.SA.AUTO.Eはそういう時計だと思います。

飾り気なんて、お世辞にもあるとは言えません。

むしろ、機能を大事に考えられたことが窺える程です。

自動巻きクロノグラフ、日付け・曜日機能付きの時計として、無駄のない文字盤のデザイン、、。

その機能だけを発揮した文字盤のレイアウトは、角度を変えても視認性良好ですね

些細ながらも飾りの部分か、文字盤や針の夜光塗料は黄色みがかった仕上げです。

古びたヴィンテージな時計の印象を与えます。

ボタンやリューズは、程よいサイズ感で、装着時に邪魔にもなりません。

もちろん操作性も良好です。

要素を発揮した現状、これ以上に進化の必要はありませんね。

衝撃的なインパクトではなく、少しずつ伝わる良さがあると思います。

ジン 103.B.SA.AUTO.E   いかがでしょうか!

価格:335,000+税

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

有限会社セコンド 氏原  

〒860-0801 熊本県熊本市中央区安政町6-29  

TEL/096-353-5428 FAX/096-322-6011  

URL : http://www.e-second.co.jp  

営業時間:10:30?20:00 定休日:毎週火曜日(祝祭日を除く) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セコンド時計店B1Fの時計レポート

時計レポートを綴ります。