セイコー クラウン 珍しい文字盤です。

ちゃんと仕事しているアピール!かもしれません。


さて、早速バラバラですが、、、状態良い、セイコークラウンが入荷しました。

オーバーホール、風防交換、外装磨きの、、、これからって過程で、、、

あ!ブログ!って思い付き撮影しました。

更に、珍しい文字盤の個体ですよ。言葉で表現するなら、、、ブロンズ色!

インデックスも彫り込まれ、全体は同一色のメッキ仕上げです。

ケースも研磨し、文字盤だけ入れてみました。

金色ケースに、銅色文字盤の組み合わせです。

年代も年代ですし、金張りのケースですから、摩耗が著しい個体も多いのが現実です。

全く摩耗なしとは言えませんが、すっごいきれいですよ。

裏蓋に映るのはセコンドの天井です。


そして、まだ未完成なものですから画像はここまで、、、。

思い付き更新感がリアルですね。

完成体は後日更新します。


セコンド 氏原でした。




セコンド時計店B1Fの時計レポート

時計レポートを綴ります。