セイコー サードダイバー レポート

セコンドの氏原が更新します。


まずは余談、、、。

申請書を取り寄せました。

三度目の正直であってほしい、いやいや、いい加減合格したい、、、。

一級時計修理の技能検定、、、。

セコンドの勤めこそ1年足らずと短い私ですが、21歳から時計業界勤めてます。

この前、二級に合格したのは24歳くらいだったかと、、、ざっと14年前!

今まで一体何やってたんだ?と自問自答するも、、、。二級の現実です。


そうです。私は38歳です。

1978年生まれですが、若く見られることも多く、貫禄足りない年齢不詳タイプです。



そうそう!

生まれ年での時計探し、面白いですね。

しかし、面白みも年代次第か、お好みのモデルが、生年世代にあるのか、、、。

調べてみるのもいいですね。


私の場合、1978年生まれでしたから、クォーツ主体の世代と思い込み、、、。

特に期待もせず、探しもせず、、、、。

しかし、ある時計の入荷から生年世代のグッドな時計に気づきました。

お題の通り!通称サードダイバー


セイコー ダイバー 150M (6306-7001)

70年代の後半ごろに製造されたダイバーズウォッチで、当商品は1977年ごろの製造です。

ケース径は44ミリと、ボリュームは現代的な感覚でも受け入れやすい大きさです。

けっこうハードに使われていたのか、外装には立派な傷が無数にあります。

ガラスの傷は視認性の邪魔をするので、交換しました。(同形状の代用ミネラルガラス)

文字盤はきれいですよ。夜光が焼けた感じもあり年代の雰囲気が漂います。

ケースは深追いしない程度に磨いてます。

ベゼルの60分位置夜光は抜けてます。

機械はオーバーホールを済ませました。

オーバーホールやりながら、愛着湧きつつ、、、。

リューズ二弾引きでの秒針停止装置が備わり、カレンダー表記は日/英です。

装着イメージ画像撮りながら惚れ惚れしてしまい、、、。

セイコーらしい飾り過ぎない謙虚な印象で、スポーティ!

水中で使えるような防水性は見込まない方向でお願いします。

NATOストラップとの相性グッドですね。

ほ・・ほしい、、、。

もちろん、商品として扱っております。大事に使っていただけるオーナー様募集中です。

とくに1977年生まれの方は要チェックですね!

お値段は98,000円+税です。店頭でご覧いただけます!

是非、ご来店くださいませ


セコンド時計店 氏原




セコンド時計店B1Fの時計レポート

時計レポートを綴ります。