ブライトリング ナビタイマー(アンティーク) をレポート

セコンドの氏原が更新します。

昨日受けた健康診断、メタボなわがままバディですから、、、。

血圧・コレステロール毎度のダメだしかと思いきや、、、。思いのほか、健康体でした。

山行道楽が功を奏した様です。


さて、時計のお話、、、。

何かが入荷すると、自分のコレクションが増えたように感じてしまいます。

しかし、それはセコンドの商品という現実。

自分が所有するなら!のイメージ、、、湧いてしまうのは毎度のことです。

ブライトリングのナビタイマーが入荷しました。短い間でも愛でましょう。

先日のクロノマットに続いて、今回のご紹介はナビタイマーです。

比較的小ぶりな時計が多い世代ですが、、、、。

現代的な感覚でも受け入れやすいサイズ感ですね。ケース径は40mm程です。


早速の装着イメージ!直感的に思います、、、かっこいい!

現行のブライトリングも高人気ですから、ぱっと見でお解りの方も多いかなと思います。

既に、確立されたメジャーな時計の一つですね!


当モデル、観察しましょう。

ガラス外周には粒粒のベゼル刻みが配されます。しかし文字盤上は二機の飛行機ロゴに白目玉

裏蓋に刻印された品番は806ですから、背景写真と同じ世代のケースの様です。

しかし、ロゴマークが違いますね。

ケースベゼルなどの外装はファースト世代で、文字盤はセカンド世代と察します。

50年代後半か60年代前半か、、、。移行期か、交換されたものか、、、?

回転計算尺を備えた、パイロットウォッチ! そのポジションは空にあります。

風防・ベゼルとセットでインナーリング(文字盤外周のシルバー部分)を回転させることができます。内外の数字を照らし合わせ、簡易的な計算が可能です。

その昔、計算方法をがっつり勉強しましたが、見事に忘れました。

拡大すると、経年の雰囲気がわかりやすく。

根本的には、空の時計ですから防水性は見込めません。

水・汗ご注意くださいな時計です。

湿気が入れば、文字盤の劣化も進んでしまいます。

プラ風防は昔の時計の特徴であり、その雰囲気を感じさせる要素の一つです。

ぷっくりと膨らんだ形状に、無反射コーティングも施されません。

現代的なモデルでは、サファイアガラスに、無反射コーティングが施される場合がほとんどです。

だから栄える、雰囲気! オールド感! 風防の存在感も大事ですね。

ケースは磨き仕上げを施しています。

もちろん汚れも落とし清潔に!

裏蓋はスナップバックで、パッキングも配されません。

先にもお伝えした通りの、非防水構造です。そう!ナビタイマーは空の時計です。

ベルトストラップのサイズは22mmです。

比較的に新しい世代の純正尾錠の組み合わせです。

機械はヴィーナス178 手巻きのクロノグラフです。

裏蓋内のコンディション、錆跡も少なく良好ですね。

しかし、裏蓋パッキングの無い非防水構造です。

空の時計ですからね(くどい)

どの時計メーカーも当てはまることと思いますが、、、

現行モデルが人気だと、オリジナル世代のモデルも注目度が上がります。

オリジナルがあるから、現行復刻があり、、、。

現行復刻が人気だから、オリジナルも重宝される、、、。

バランスで生み出される両者の存在感。こういうの、、面白いですね。

そう!人気のブライトリングです。一見の価値あるモデルだと思います。

是非、ご来店くださいませ。


メーカー ブライトリング

モデル  ナビタイマー

品番  806

機能  手巻きクロノグラフ

価格  550,000円+税


セコンド時計店B1Fの時計レポート

時計レポートを綴ります。