アンティークウォッチの外装磨きについて考える (オメガ コンステレーション)

セコンドの氏原が更新します。


店頭でも時々話題になります。

商品として扱うアンティーク時計の磨きについて、、、。

外装の傷は磨くのか、、傷はそのままの現状維持か、、、。

お客様のお好みもいろいろですし、賛否両論です。


結論からいきますと、、、。

セコンドでは磨き仕上げを行った商品が多くなります。


と!

いいましても、、、。


形状を失うほどの磨きは施しません。

ですので、深い傷は磨き切れずに残っています。

傷を無理に削ろうと深追いはしませんから、、、。

磨き前のコンディションは、仕上がり具合に大きく影響します。


ここは、磨く人の判断が問われる部分ですね~。

結果はやり手次第で、好みも考えも変われば、磨かれた時計の形も変わります。

私の感覚では、傷で崩れた形状を復活させたいという想いがあります。


↓こちらはキングセイコーのケース、磨き前の状態です。

そこで是非伝えたいのは!

私も商品の磨きこそ行いますが、、、漠然とは行っておりません。

その仕事にプロのプライドを掲げ、時計の隅々までを観察し、機能と形状を理解し、、。

磨き作業を行っています。

※しかしながら、入荷前に磨かれたもの、、、これは不可抗力です。

※物理的・設備的に磨きが無理な場合もあります。


さて、最近ではオメガのコンステレーションも仕上げております。

ジェラルドジェンタデザインでも知られる、Cラインのケース 

本体のシルエットが個性的で特徴的な時計だと思います。


168.017 箱付き(140000円+税)の商品です。

下記矢印のこういうところ、、、。

機械的な面取りが大事なんですよね

磨いてますが、拡大すれば傷も確認できます。

傷を消すことよりも、シルエット復帰が優先だと考えます。。

磨きの恩恵は、傷が目立ちにくくなります。

本体側面のアールの美しさ、、、。

見ていて気持ちよさを感じてしまいます。

続きましてもオメガのコンステレーション 

168.017 社外ベルト付き (135,000円+税)

こちらは、根本的に綺麗でした。

角のエッヂも効いてますよ。

ただし、ケガをするほどではありません。

それでも、磨き切れない傷は残りますね。

ケースはヘアライン仕上げ、ベゼルはポリッシュ仕上げです。

シルエットはバッチリ!

ヘアラインとポリッシュの磨きわけも明確にできました。

自画自賛の世話なしです。

ちょっと黄色みがかった文字盤が、品の良さを演出、、、。

Cラインはシルエットがきれいな時計ですねー!

今回はちょっと磨きについて語ってみました。

時計の議題はいろいろですねー 面白い!

いろんな方のご意見も聞きたく思います。

時計について語りましょーご来店くださいませー!


セコンド時計店B1Fの時計レポート

時計レポートを綴ります。